スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード紹介:ゲットライド、ユニオン

お気に入りカード紹介。今回はゲットライド!と、それに関係したユニオンカードを紹介します。
デュエリストセットに再録されましたね。
効果はこちら

ゲットライド!
通常罠
自分の墓地のユニオンモンスター1体を選択し、
自分フィールド上の装備可能なモンスターに装備する。

墓地のユニオンを装備する、という至ってシンプルな効果。
機械族に装備できるユニオンは大半が装備モンスターに破壊耐性を付与することができるので、相手の除去にチェーンして
ユニオンを装備することにより破壊を防ぐことができます。また、フリーチェーンであるためサイクロンなどの
伏せ除去に合わせてチェーンでき、ブラフとしても優秀です。使うタイミングと使用するユニオンによっては
相手にとっていやらしい動きをすることができるでしょう。
細かい点として、このカードは発動時に墓地のユニオンを対象に取り、効果解決時にフィールドのモンスターに
ユニオンを装備する効果です。墓地のユニオンを選択した時にDDクロウ等をチェーンして発動され、除外されて
しまった場合は不発となります。しかし、フィールドに2体以上ユニオンを装備できるモンスターが存在する場合は、
このカードの発動時にどちらかを除去された場合でももう片方のカードにユニオンを装備できます。

このカードによって機械族に装備することができるユニオンとその効果は以下の通りです。
特定のモンスターにしか装備することができない専用カードは除外します。



カード名得られる効果破壊耐性
オイルメン相手モンスターを戦闘破壊時1ドロー全て
強化支援メカ・ヘビーウェポン攻守500ポイントアップ全て
トライゴン相手モンスター戦闘破壊時、墓地から
機械族・光属性・レベル4以下を特殊召喚
全て
マシンナーズ・ギアフレームなし
(召喚成功時、ギアフレーム以外のマシンナーズと
名のついたカードを1枚デッキからサーチ)
全て
マシンナーズ・ピースキーパーなし
(このカードが破壊された時デッキから
ユニオン1体を手札に加える事ができる)
全て
メタル化寄生生物-ルナタイト相手の魔法の効果を受けない戦闘のみ
メタル化寄生生物-ソルタイト相手のモンスターの効果の対象にならず、
相手のモンスター効果によって破壊されない
戦闘のみ


この7枚ですが、トライゴンはドラゴン族、メタル化寄生生物に至っては水族の上レベル7と、機械族との共存が難しいです。
機械族であるのはオイルメン、ヘビーウェポン、ギアフレーム、ピースキーパーの4枚であり、主にこれらを使うことになるでしょう。
この4枚をどう活かすかを考えていきます。

まず1枚目、オイルメン。
相手モンスターを戦闘破壊した時に1枚ドローできます。また、戦闘破壊した時であり破壊したモンスターを墓地に送る必要が無いため
トークンを破壊したりモンスターが除外されたとしてもドローすることができます。対象が何であろうとどうなろうと戦闘破壊すれば
1ドローできる安定性は魅力です。さらに、この手のドローカードにありがちな1ターンに1度の制限がありません。
このことから、複数攻撃できるモンスター、もしくは装備カードとの相性がいいです。特に相性が良いのはこちら

神機王ウル
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1600/守1500
このカードは相手フィールド上に存在する全てのモンスターに
1回ずつ攻撃をする事ができる。
このカードが戦闘を行う場合、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。

相手が受ける戦闘ダメージは0になるものの、戦闘破壊が目的なためそれほど困ることはありません。
相手モンスターを2体以上破壊することができれば大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

2枚目、強化支援メカ・ヘビーウェポン
攻守が500上がり、破壊耐性が得られます。シンプルな強化であり、どのモンスターに装備しても使いやすい効果です。
このカードは特に紹介するほど相性の良いカードがありませんね・・・攻守アップと破壊耐性がつくことを活かして、
相手攻撃宣言時、もしくは除去カードの発動にゲットライドで装備する、ぐらいでしょうか。攻撃宣言時にゲットライドを
発動してこのカードを装備した場合、こちらのモンスター数が変わっていないため相手は攻撃をやめることができず、
返り討ちにすることができます。

3枚目、マシンナーズ・ギアフレーム
ユニオンした時は破壊耐性しかつかないものの、召喚成功時にデッキから自身以外のマシンナーズと名のついたカードを
サーチすることができ、他のユニオンと違い単体でアドバンテージを取れる珍しいカードです。
同じユニオンであるピースキーパーをサーチできるためにギアフレームでピースキーパーをサーチ、ピースキーパーの
被破壊時の効果でギアフレームをサーチ・・・とループさせることができますが、基本的にフォートレスをサーチして
特殊召喚し、このカードをユニオンさせる、という場面が一番多くなると思います。私は大型デッキを組むのが好きなので
困ったときのフォートレスとなってしまう状況から脱却できないのが少々悔しいです。
このカードの効果を通してしまうと十中八九フォートレスが手札に加わるので相手はだいたい妨害してきます。
代表的な妨害カードであるエフェクト・ヴェーラーやデモンズ・チェーン対策としてこのカードと相性が良いのは
神秘の中華なべ、強制脱出装置です。神秘の中華なべの場合、速攻魔法であるため先攻でも発動することができ、
コストでリリースするため効果解決時にはフィールドからいなくなるのでヴェーラーやデモチェは対象が存在しなくなり、
無効化されることなくサーチを行えます。また、墓地に送られるためゲットライドの対象を確保することができます。
強制脱出装置の場合、先攻では使えないものの手札に戻るので、次の自分のターンに再び召喚してサーチ効果を使う、
もしくはサーチしてきたフォートレスのコストとして使用し、ゲットライドの対象を確保する、という選択ができます。
ギアフレームは機械族・星4であるため、ゲットライドで装備、即座に解除して特殊召喚することでシンクロ、エクシーズ素材として
運用するのもよいでしょう。

4枚目、マシンナーズ・ピースキーパー
このカードもユニオンした時には破壊耐性しかつかないものの、このカードが破壊された時にデッキからユニオンを
1体サーチすることができます。また、この効果はモンスター状態、ユニオン状態のどちらでも発動するのでおそらく
ゲットライドを最も有効に活用できるカードだと思います。
相手の破壊効果にチェーンしてゲットライドを発動してこのカードを装備することにより、相手の破壊効果を防ぎつつ
デッキからユニオン1体を手札に加えることができ、アドバンテージの面でかなり優位に立つことができます。
デッキから加えるユニオンは同じマシンナーズであり、お互いにシナジーのあるギアフレームとなる場合が多いでしょう。
マシンナーズ・ギアフレームの効果でこのカードとマシンナーズ・フォートレスをサーチできるので、フォートレスとこのカードを
墓地へ送りフォートレスを特殊召喚、ゲットライドをセットし相手ターンでの破壊に備える、という戦術が有効です。
また、機械複製術に対応していることもあり、このカードを3枚展開して放置する、ということも考えられます。
全て破壊されれば3枚のユニオンをデッキからサーチできる上、ギアフレームを手札に加える事で次のターンにフォートレスにつなげることができるため、相手からすると非常に面倒であることは間違いないでしょう。
注意点として、被破壊時のサーチ効果は「~時、~できる」の任意効果なのでタイミングを逃す可能性があります。
よくある状況として、このカードをユニオンしてるモンスターが居る時にギアフレームを召喚してサーチ効果を発動、
それにチェーンして激流葬を発動される場面です。この場合、チェーン1:ギアフレーム、チェーン2:激流葬となり、
チェーン2でこのカードが破壊されてしまうためタイミングを逃します。気をつけましょう。

破壊効果、チェーンゲットライドでピースキーパーを装備、破壊効果を回避してデッキからギアフレームをサーチ、
の流れは決まると非常に気持ちいいです。事故要因であることは否めませんが、1度試してみてはどうでしょうか。


では今回はこのへんで。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

カード紹介:サイバー・フェニックス

またも自分のお気に入りカードを紹介します。今回はサイバー・フェニックスです。
サイバー流ストラクが出るので初めて効果を知った人もいるかもしれませんね。
効果はこちら

サイバー・フェニックス
効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1200/守1600
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
自分フィールド上に存在する機械族モンスター1体を対象とする
魔法・罠カードの効果を無効にする。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。

ステータスとしては若干物足りないものの、自分フィールド上の機械族に魔法・罠に対する対象耐性を与えることができ、
戦闘破壊された時にカードを1枚ドローできます。

対象を取る魔法・罠に対する耐性を付与できる効果は強力です。強制脱出装置、次元幽閉、デモンズ・チェーン、
禁じられた聖槍、聖杯など、強力なカードの効果をこのカードが存在する限りノーコストで無効にすることができます。
また、「発動を無効にする」のではなく、「効果を無効にする」のもポイントです。このテキストの場合、
相手のカードの発動時にフィールドに存在する必要がないからです。

無論欠点もあります。機械族モンスターを対象に取る魔法・罠を強制的に無効化するため、自分の魔法・罠も無効にしてしまうことです。
対象を取らないブラック・ホールやミラーフォースに対して禁じられた聖槍などで自分の機械族モンスターを守ることができません。
対象を取らない除去からモンスターを守りたい場合、トラップ・スタンやスターライト・ロードを使用しましょう。

このカードを最も有効に活用できる2枚のカードを紹介します。
まず1枚目はリビングデッドの呼び声です。
使い方は2つあり、機械族モンスターを相手の除去から防ぐことと、機械族モンスターを完全蘇生することです。
1つ目、相手の対象を取る魔法罠にチェーンしてリビングデッドでこのカードを特殊召喚することで、そのカードを無効化できます。
これは非常に大きいです。相手の魔法罠をノーコストで無効化でき、チェーン2以降の特殊召喚となるために
このカードの特殊召喚に対して激流葬を発動することもできません。
魔法罠の無効化はこのカードが存在する限り続き、戦闘破壊すれば1枚ドローされると、相手からすれば厄介な存在となります。
マシンナーズ・フォートレスのコストとして墓地へ送り、フォートレスの除去に対してリビングデッドを使うと
無駄がなく効果的です。ただし、奈落の落とし穴は対象を取らないため無効にできません。注意しましょう。

2つ目、機械族モンスターを完全蘇生できます。
フェニックスがフィールド上に存在する時にリビングデッドで機械族モンスターを特殊召喚した場合、その瞬間に
リビングデッドが無効となり完全蘇生することができます。
相手のサイクロンに合わせて発動できれば、特殊召喚してリビングデッドが無効になった後にサイクロンで破壊
されるために機械族モンスターは破壊されること無くフィールドに残る事ができ、より効果的です。
また、この際もチェーン2の特殊召喚になるため召喚反応系の罠を発動することはできず、非常に強力です。

詳しく解説すると、リビングデッドは墓地のモンスターを対象に選択してフィールドに特殊召喚し、
そのモンスターを対象に取り続けます。フェニックスの効果で無効になるのはフィールド上の機械族を
対象とするカードだけなので、墓地の機械族を対象に選択して特殊召喚することは問題なくでき、フィールドに特殊召喚された
瞬間にフェニックスの効果でリビングデッドが無効になるため、リビングデッドが破壊されてもモンスターが破壊されなくなります。
もちろんこの方法でフェニックス自身を完全蘇生することも可能です。


2枚目はオレイカルコスの結界です。原作では負けたほうが魂を取られるとか色々わけわからんカードでした。
効果はこちら

オレイカルコスの結界
フィールド魔法
このカードの発動時に、自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、
自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
1ターンに1度、このカードはカードの効果では破壊されない。
自分フィールド上にモンスターが表側攻撃表示で2体以上存在する場合、
相手は攻撃力の一番低いモンスターを攻撃対象に選択できない。
「オレイカルコスの結界」はデュエル中に1枚しか発動できない。

メリットは1ターンに1度カードの効果で破壊されない、自分フィールド上モンスターの強化、表側攻撃表示のモンスターが
2体以上存在する場合、相手は一番攻撃力の低いモンスターを攻撃対象に選択できないこと
デメリットは発動時に自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊、エクストラデッキからモンスターを
特殊召喚できない、デュエル中に1枚しか発動できないことです。

サイバー・フェニックスの長所は魔法・罠への耐性を付与できることであり、短所はステータスが貧弱であることです。
オレイカルコスの結界とサイバー・フェニックスを使えば、フェニックスを含む自分の機械族モンスターを強化して魔法・罠から
守りつつ、サイバー・フェニックスへの攻撃も封じることができます。

ただしデメリットも大きく、エクシーズ、シンクロモンスターは軒並み使用不可なため、オレイカルコスとフェニックスを
セットで運用するかどうかは要検討です。セットで運用する場合、エクストラから特殊召喚しない高打点カードが主戦力となります。
候補としては、手札の機械族をコストとして特殊召喚できるマシンナーズ・フォートレス、オレイカルコスの破壊耐性と
相性のいいSinサイバー・エンド・ドラゴン、オレイカルコスのデメリットである、発動時に特殊召喚されたモンスターを
破壊する効果を利用することができる機皇帝などがあげられます。

新たにフィールドを発動されたり、ウロボロス等でオレイカルコスをバウンスされるとオレイカルコスを再発動できないため
非常に苦しくなります。相手がオレイカルコスフェニックスの布陣を突破できるカードを揃える前に崩しきれるかが勝負となるでしょう。

あなたもサイバー・フェニックス+リビングデッドの呼び声でいやらしい戦い方をしてみてはどうでしょうか


では今回はこのへんで。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

遊戯王裁定:ギアギアギアXG・サイバー・フェニックス

LVALとマシンギア・トルーパーズの発売で気になることがあったのでコナミに問い合わせてみました。

Q.ギアギアギアXGの攻撃宣言時、ミラーフォースを発動された場合、ギアギアギアXGの効果を発動できるか?
また、できた場合ミラーフォースの効果は無効化されるか?
A.発動でき、無効化される

Q.ギアギアギアXGの攻撃宣言時にXGの効果を発動し、チェーンしてミラーフォースを発動された場合、XGの効果を
さらにチェーン発動することはできるか?
A.できない。XGの効果は同一チェーン上で複数回発動する事ができない。

Q.サイバー・フェニックスが存在する時にスキル・プリズナーの効果を発動してサイバー・フェニックスを選択した場合、
スキル・プリズナーの効果は適用されるか?また、スキル・プリズナーを墓地から除外して効果を発動し、
サイバー・フェニックスを選択した場合、効果は適用されるか?
A.どちらも無効

XGはビュートと同じように同一チェーンで発動できない効果のようですね。まあXGの発動可能タイミングはバトルステップなので
攻撃宣言時に相手に優先権を渡して攻撃反応カードが無いことを確認してから発動すれば問題無いです。
しかし、ここにチェーンされる形で強制脱出装置を使われてしまうとXGは除去される上、サルベージ効果も
タイミングを逃して発動できなくなってしまうので非常に厳しくなります。

サイバー・フェニックスの方は、汎発が適用されたオピオンにプリズナーの効果を適用することができるとのことなので、
こちらはどうなのかと思い問い合わせました。
結果は無理でした。プリズナーは対象を取ってしまうのでフェニックスの効果で無効になってしまうようですね。

これができればオレイカルコスの結界+サイバー・フェニックス+スキル・プリズナーで、対象を取るあらゆる効果を無視できる
超耐性を確保したSinサイバー・エンド・ドラゴンでぶん殴るデッキをつくろうと思っていたのですが、夢と終わってしまいました。
残念です(笑)。

では今回はこのへんで。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

デュエリストセット:マシンギア・トルーパーズ

さてさて届きました。デュエリストセット、マシンギア・トルーパーズが3箱。

tg9kF.jpg

結構デカイですね。通販で買ったのでよかったもののこれを実際に店頭で買って変えるとなると相当めんどくさそうです。
内容は、未構築ベースデッキ37枚、特典カード3枚、ギアギアギアXGスリーブ70枚、ラバー製ギアギアプレイマット、
デッキ構築用パック、紙製ケース、Vジャンプデュエリストセット特別号の7種類です。

未構築ベースデッキ、特典カード、デッキ構築用パックと、このセットについてくるカードは全てウルトラレア仕様で、
見た目はすごい豪華です。(収録内容のほうはそうでもない)
hwwUS.jpg

ギアギアギアXGのみ伝説の白き竜や伝説の闇の魔道士と同じEX-Secret仕様で、とても美しいです。

デッキ構築用パックは全10種類のうち5枚入っており、1箱につき1パックです(あくどい)。
3パックあるので安全地帯2枚以上、バードマン1枚、代償1枚が目標でした。結果はこの通り。
sAQWT.jpg
ml0BK.jpg
ffcW4.jpg

まあ安全地帯が1枚だったものの概ね欲しいカードが手に入ったのでよしとします。ナイショ2枚が地味に嬉しいです。

次は70枚入りのスリーブですね。モデルはギアギアギアXG。
ETHRe.jpg

案外悪くなかったですが、膝のあたりが貧弱なのが惜しいところです。70枚入りなのでメイン40エクストラ15サイド15で
1デッキ分の枚数が確保されています。まあ私が組むデッキは絶対40枚を超えるのであんまり意味無いです。

次はプレイマットですね。かなり大きいタイプです。イラストはまさにギアギア大集合といった所で、今回新しく登場した
ギアギアも描かれています。ギアギアーノが出た時にはこいつがテーマ化するなんて思っても見なかったですね・・・
f0P6a.jpg

結構かっこよくて好きなんですが、自分が使うプレイマットは自作のものがあるのでこいつの登場機会はあまりないでしょう。
ちなみに私が使ってるプレイマットはこちら。
GlT3o.jpg

Sinサイバー・エンド・ドラゴン、古代の機械巨竜、サイバー・エンド・ドラゴンに加え背景は未来融合で脳筋っぷりをアピール。
作るのは大変でしたが自分の思い通りのイラストでプレイマットができるというのはいいものです。(センスが無い?知ら管)

紙製ケースは結構厚く、耐久性に関しては問題ないでしょう。あくまで紙製としては、ですが。
容量はだいたいサイドエクストラ込みで2~3デッキ分だと思われます。たぶん。
イラストはこちらです。
KPrF5.jpg
cIOIe.jpg
PlmPf.jpg

これはかっこいいですね。底面にはXとXGの説明が書いてあります。どうやらギアーノ達を動力源として動く戦闘ロボ
みたいですね。(なんでギアギアギアと「ランク4」のXが合体したら「ランク3」のXGができるんだろうか?)

最後はVジャンプ特別号ですね。ギアギアのストーリー、ギアギアのデッキ強化術、プレイング、裁定集などが書いてあります。
どれどれ、ギアギアのストーリーとは一体・・・

戦う歯車「ギアギア」
悪の歯車・ワルギアーノを操り世界征服を目論む"Dr.ギアック"に対抗すべく、
黒須博士が生み出した歯車ヒーロー、それが「ギアギア」モンスターだッ!!

( ゚д゚)
突っ込みどころ満載のストーリーなんですがこれは一体どういうことなんですかね・・・
なんか激しいロックマン臭がするんですがきっと気のせいなんでしょう。

ちなみにXGのデータ
身長   :14メートル
体重   :50トン
装甲材質:ギアタイト合金
必殺技  :ギガクロススピン

なんかずいぶんと軽いですがまあ気にしてはいけません。

しかしこの設定で行くと黒須博士やらDr.ワイリーギアックやらワルギアーノ軍団がOCG化してくれるんでしょうか。
ギアギアと関連がなくても機械族であるならOCG化は大歓迎なのですが。

とりあえずベースデッキのカードと現在持ってるカードの入れ替えをしようと思います。
スリーブ入れるカードが大量で面倒ですが、まあこれは新カードが出るたびに起こることなので仕方ありませんね。


では今回はこのへんで。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

VJ届きました

DSC_0614.jpg

定期購読のVJが届きました。ギアギアングラーって緑だったんですね。MK3と同じで青かと思ってました。
土曜にはマシンギアトルーパーズも届くことだしギアギアデッキを本格的に組み直す必要がありますね。
アタッカーもアーマーもリバース時の任意効果だからカオス・インフィニティが使いないのが非常に痛いです・・・
あれさえ使えれば相当戦術変わったんですけどね。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

デッキ紹介:歯車Sinバーサーク

とりあえずデッキの紹介でもしましょうかね。
今回のデッキは歯車Sinバーサーク。私が5年ほど前に実物のカードで初めて作ったデッキです。
コンセプトはただ一つ、「バーサーク・デッド・ドラゴンで決める。」機械族じゃないけど気にしてはいけません。
ちょこちょこ改良はしてますが、大型モンスターで豪快に決めるコンセプトは変わらず、使ってて楽しいですね。

内容です。
【歯車Sinバーサーク】
メインデッキ  :44枚
エクストラデッキ:9枚

【 モンスター 】21
Sin サイバー・エンド・ドラゴン ×3
バーサーク・デッド・ドラゴン ×3
マシンナーズ・カノン
マシンナーズ・ギアフレーム ×3
マシンナーズ・フォートレス ×2
古代の機械巨竜 ×3
増殖するG ×3
神獣王バルバロス ×3

【 魔法 】17
サイクロン ×3
テラ・フォーミング ×2
デーモンとの駆け引き ×3
トレード・イン ×3
大嵐
歯車街 ×3
死者蘇生
リミッター解除

【 罠 】6
リビングデッドの呼び声 ×2
奈落の落とし穴 ×2
神の宣告
神の警告

【 エクストラ 】9
No.101 S・H・Ark Knight
ギアギガント X ×2
交響魔人マエストローク
No.11 ビッグ・アイ
幻獣機ドラゴサック
サイバー・エンド・ドラゴン ×3

このデッキの主役はバーサーク・デッド・ドラゴンですが、どんな効果か知らない人もいるでしょう。
効果はこちら

バーサーク・デッド・ドラゴン
効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻3500/守 0
このカードは「デーモンとの駆け引き」の効果でのみ特殊召喚が可能。
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃が可能。
自分のターンのエンドフェイズ毎にこのカードの攻撃力は500ポイントダウンする。

デーモンとの駆け引き
速攻魔法
レベル8以上の自分フィールド上のモンスターが墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「バーサーク・デッド・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

見て分かる通りとにかく豪快な効果です。召喚条件があるとはいえ3500での全体攻撃は豪快で爽快です。
また、駆け引きの発動条件はレベル8以上の自分フィールド上のモンスターが墓地へ送られた「ターン」なので
条件を満たせばタイミングを逃すこと無く自由に発動できるということも重要です。
自身をリリースして破壊効果を防ぐスターダスト・ドラゴンとの相性は素晴らしいのですが、シンクロ召喚の
ギミックを搭載する余裕はこのデッキにはありませんでした。せいぜいスターライト・ロードぐらいですね。

このデッキはレベル8以上のモンスターが13体という非常に重いデッキです。そのためトレード・インをフル活用して
手札を整え、高レベルモンスターを連打して戦闘でゴリ押し、破壊されたら駆け引きでバーサーク・デッドを
特殊召喚して戦線を維持する、というのが主な流れとなります。バーサークは自分のエンドフェイズが来るごとに
弱体化しますが、自身がレベル8であるため破壊されれば駆け引きの効果を満たしさらなる後続につなげることができます。
以下にモンスターの使用法を書いていきます。

バーサーク・デッド・ドラゴン
このデッキにおける主役。このデッキはこのカードのために組まれています。3500という打点と全体攻撃能力を持ち、
相手が複数のモンスターを展開している場合は大ダメージが期待できるなど攻撃面での強さは飛び抜けています。
リクルーターによって呼び出されたモンスターにも攻撃することができるため、相手のフィールドを確実に殲滅することができ、
速攻魔法である駆け引きによって特殊召喚されるために追い打ちにも防御にも使えるなど奇襲性にも優れます。
自分のエンドフェイズ時に弱体化するものの、数ターンは戦力として十分通用します。

神獣王バルバロス
妥協召喚可能なレベル8モンスター。リリースなしでも1900と打点は十分、蘇生制限もないので下級アタッカーとしての運用、
トレード・インのコストとして墓地へ送り蘇生するなど、どの場面においても安定した活躍をしてくれます。

古代の機械巨竜
歯車街からの特殊召喚がメインのため、マシンナーズ・フォートレスやトレード・インのコストとして積極的に墓地へ送っていけます。
3000という打点の高さと攻撃反応系カードを無視できる永続効果を持ち、攻撃面での主力となります。
また、歯車街の効果によりリリース1体で召喚できるためバルバロスやSinサイバー・エンド・ドラゴン、
弱体化したバーサークなどを1体リリースで召喚することにより駆け引きの条件を満たす事ができます。

Sinサイバー・エンド・ドラゴン
維持するためにはフィールド魔法が必要なこと、このカードしか攻撃できないため裏守備で凌がれると辛いこと、
星10のためトレード・インには使えないなど多くのデメリットを抱えていますが、フォートレスのコストにできること、
4000という非常に高い打点を持ちながらほぼノーコストで特殊召喚できること、リミッター解除を使えばワンキルが可能なこと等、
デメリットを考慮しても非常に攻撃的で強力なカードあり、攻撃面での主軸となります。
このデッキでの活用法としては、単に攻撃面で活躍してもらうだけでなく、フィールド魔法が存在しない時に
特殊召喚して即座に自壊することで駆け引きの条件を満たし、強引にバーサークを呼び出すという使い方もします。

マシンナーズ・ギアフレーム
このデッキにおける唯一の下級モンスター。召喚時にフォートレスをサーチすればで手札で腐りがちな古代の機械巨竜や
Sinサイバー・エンド・ドラゴンを有効に使用でき、カノンをサーチすれば墓地のフォートレスを蘇生、もしくは
トレード・インのコストを確保できます。戦闘でアドバンテージを得るこのデッキにおいて召喚時にアドバンテージを稼ぎ、
手札を有効活用する事ができるこのカードはデッキの潤滑油として重要な存在です。
また、ユニオン効果を持つため、フォートレスや機械巨竜に装備することで戦闘、効果破壊を防ぐことができ、
相手からすれば非常に厄介な存在となります。

マシンナーズ・フォートレス
手札から星8以上になるように機械族を墓地へ送ることで、手札または墓地から特殊召喚することができます。
ギアフレームの項目で書いたとおり、手札で腐りがちな機械巨竜、Sinサイバー・エンドをコストとして特殊召喚します。
戦闘で破壊された時に相手フィールド上のカードを1枚破壊し、相手の効果モンスターの効果の対象に選択された場合
相手の手札を「確認」して1枚捨てることができるなど、相手からすれば非常に鬱陶しい存在。
このカードは星7であるため駆け引きの条件を満たせないものの、自身の効果により自己再生が容易なため、
相手の伏せを削ることで本命のバーサークやSinサイバー・エンドを通しやすくする「囮」として活躍してもらいます。

マシンナーズ・カノン
手札の機械族を任意の枚数墓地へ送ることで特殊召喚することができるカード。しかしこのデッキでは自身の効果で
特殊召喚されることは殆ど無いでしょう。ギアフレームからサーチすることができ、トレード・インのコストにしてデッキを圧縮、
もしくはフォートレス専用の蘇生カードとして使用されることになります。

モンスターの使用法はこんなところです。


最後に、この数年の環境変化でデッキから抜けてしまったカードを何枚か紹介します。

トラゴエディア
戦闘ダメージを受けると特殊召喚できる効果、手札の枚数によって攻撃力・守備力が変わる永続効果、
手札のモンスターを捨てることで相手のフィールド上に存在する同レベルのモンスターのコントロールを得る起動効果、
自分の墓地に存在するモンスター1体のレベルと自身のレベルを同じにする起動効果を持ちます。
このカードは星10のため駆け引きの効果を満たせること、このデッキは高レベルモンスターが多く投入されているために
相手のエースモンスターのコントロールを得られる可能性が高いことなどの理由で採用していました。
しかし、エクシーズモンスターが台頭するようになった結果コントロール奪取効果の活躍機会が減ってしまったため、
デッキから抜けることとなりました。

無力の証明
通常罠
自分フィールド上にレベル7以上のモンスターが存在する場合に発動できる。
相手フィールド上のレベル5以下のモンスターを全て破壊する。
このカードを発動するターン、自分フィールド上のモンスターは攻撃できない。

相手の低レベルモンスターを問答無用で破壊できる上、フリーチェーンであるため発動タイミングを問わないという
非常に強力な除去カード。発動ターンに攻撃できないデメリットはあるものの、高レベルモンスターが大量に投入されている
このデッキでは発動条件を満たすのは容易です。こちらもエクシーズモンスターの台頭で除去効果をうまく使えなくなり、
デッキから抜けることとなりました。

自分で考えたオリジナルデッキは使ってて楽しいものですね。
では今回はこのへんで。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

カード紹介:歯車街・古代の機械巨竜

現在機械族は400種類を超えるカードが有り、注目されてない、最近話題にならないカードも結構有ります。
その中で自分のお気に入りである機械族、もしくはそのサポートとなるカードを紹介していきたいと思います。

古代の機械巨竜
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守2000
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
このカードの召喚のためにリリースしたモンスターによって以下の効果を得る。
●グリーン・ガジェット:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
●レッド・ガジェット:このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手ライフに400ポイントダメージを与える。
●イエロー・ガジェット:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。

歯車街
フィールド魔法
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスターを召喚する場合に
必要なリリースを1体少なくする事ができる。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の手札・デッキ・墓地から
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

まずはこの2枚。自分が遊戯王を始める時に最初に買ったカードです。そう言えばデュエリストセットに再録されますね。
性能の高さから主に出張要因になってしまうのが辛いところです。

古代の機械巨竜を最大限活用することができる歯車街の説明から入ります。
歯車街の1つ目の効果はアンティーク・ギアのリリースを減らすことです。特殊召喚できない機械巨人を使う際には重宝する効果でしょう。
「召喚」に必要なリリースを減らす効果なので裏側守備表示で出す場合にはリリースを減らせません。
あまり無いでしょうが、ミラー戦の場合相手にもこの効果を使われるので注意する必要があります。
最近のフィールド魔法は自分にだけメリットが有るカードばかりで永続魔法と大して変わらんような・・・

2つ目の効果は、破壊された時にアンティーク・ギアを特殊召喚することができる効果です。
手札・デッキ・墓地、という非常に広い範囲から特殊召喚を行うことができ、手札に複数枚存在しても
全く困ることがありません。また、この効果は対象を取る効果では無いため、チェーンしてDDクロウ等を
使用されたとしてもデッキ・手札・墓地(クロウの対象とならなかった2体目、3体目の機械巨竜がいる場合)から
特殊召喚することが可能です。これはフィールド魔法カードとしては破格の性能であり、歯車街を使う場合は
この効果を使う目的で投入されることが多いと思います。また、相手はこのカードを破壊すると機械巨竜が
出てくることを考えなければならないため、大嵐等の全体除去を抑制する効果も多少あります。

手札にこのカードが複数存在する場合、1枚目発動orセット、2枚目セットで1枚目を破壊することにより自分から
能動的に特殊召喚効果を発動することが出来ます。この時注意しなければならないことは、歯車街が破壊された時に
発動する効果は「~時、~できる」の任意効果であるためタイミングを逃すことです。

自分で張り替えを行う場合、2枚目の歯車街は「必ず」セットする必要があります。もし2枚目を発動してしまうと、
1枚目の歯車街がルール効果で破壊される(特殊召喚の発動タイミングはここ)、2枚目の歯車街の効果が適用される、
という順番で処理が進み、特殊召喚効果を発動するタイミングを逃してしまいます。

ちなみに自分の歯車街がある時に相手がフィールド魔法を発動して破壊された場合は、相手のフィールド魔法の効果が適用される、
フィールド魔法は1枚しか存在できないので自分の歯車街が破壊される(特殊召喚の発動タイミングはここ)、
となり、効果の処理が終わる時に歯車街が破壊されるため問題なく特殊召喚効果を発動することが出来ます。


 ここから先は勘違いされやすい、もしくはあまり知られてないと思われる重要な事です

チェーン2であっても「発動を無効にして破壊された場合」には特殊召喚効果を発動することができます。
例えば、神の宣告や真六武衆シエンによって無効にされ破壊された場合です。緊急時にはこれを利用し、
自分の歯車街の発動に神の宣告を発動することで機械巨竜を特殊召喚する荒業を使うこともあるでしょう。

また、このカードの特殊性として、破壊される場所を問わない事が挙げられます。普段はあまり気にする必要は
ありませんが、闇のデッキ破壊ウイルス等で「手札から」破壊された場合でも特殊召喚効果を使うことができる、
ということは覚えておいて損はないでしょう。

さらに、このカードの特殊召喚効果は墓地で発動するため「魔法・罠カードの効果の発動」として扱われます。
ショックルーラーの効果で魔法カードが宣言されている状態でも1枚目セット、2枚目セットから特殊召喚効果を
発動することができ、機械巨竜の効果で攻撃反応系の魔法・罠カードは発動できないため召喚さえ成功してしまえば
突破できる可能性が高いです。
「魔法・罠カードの効果の発動」についてですが、シエンや神の宣告で無効にすることができません。
万能の召喚無効として認識されがちな神の警告も「魔法・罠カードの効果の発動」には対応していないためこのカードの
特殊召喚効果を無効にすることができません。よって、このカードの特殊召喚効果を直接無効にできるカードは非常に少ないです。
スカル・マイスター、墓地封印、エンド・オブ・アヌビスぐらいですが、これらのカードが入っているデッキに遭遇することは
殆ど無いでしょう。強いて言うならスカル・マイスターが一時期マーメイル対策として見たり見なかったりぐらいですね。


次に古代の機械巨竜です。
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない、
ガジェットをリリースしてアドバンス召喚を行った場合に効果が付与されることという2つのメリット効果を持ちます。
魔法・罠を封じる効果により、次元幽閉やミラーフォース等の攻撃反応系カードを無視することが可能です。
また、このカードの攻撃宣言時にサイクロンを発動し、相手の伏せを安全に除去したり、自分の歯車街を破壊することで
奈落や激流葬を心配すること無く2体目の機械巨竜を特殊召喚できる等、様々なメリットが有ります。

これも勘違いする人がいるのですが、自分のフィールドに2体の機械巨竜がいる場合1体目の攻撃が終了してから
2体目が攻撃する間にカードの発動タイミングはありません。1体目の攻撃を受けてから2体目の攻撃が始まる前に
強制脱出装置を発動、などといったことは出来ないので注意しましょう。

もし強制脱出装置で機械巨竜を安全に除去したいのならばスタートステップで使用しましょう。
バトルフェイズはスタートステップ、攻撃を行うバトルステップとダメージステップ、エンドステップで構成されているため、
スタートステップで強制脱出装置を発動すれば安全に除去できます。逆に言えばここしか除去するタイミングはありません。
メイン終了時に強制脱出装置を使う人がいますが、あまりいいとは言えません。その場合メインフェイズが
続行されてしまうため何かしらの対策を取られてしまう可能性があります。スタートステップならば
バトルフェイズに入ってしまっているので戻ることはできず、相手の戦略を狂わせることができるでしょう。

2つ目の効果はガジェットを用いてアドバンス召喚をした場合にガジェットの種類に応じて3つの効果が付与されることです。
どの効果もそれなりに強力ですが、3000という攻撃力と自身の効果で攻撃を妨害されないことを考えれば
機械巨人と同じ貫通効果を付与できるグリーン・ガジェットをリリースするのがベストでしょう。

機械巨竜を使う場合、専ら歯車街で特殊召喚されることが多いでしょう。召喚権を使用すること無く3000打点が
デッキ・墓地から特殊召喚され、攻撃反応系のカードが効かないとなるとなかなかに面倒です。
墓地にいても問題が無いため、マシンナーズ・フォートレスやトレード・インのコストにガンガン使って行けます。
リビングデッドの呼び声とも相性が良いですね。1体目の攻撃宣言時にリビングデッドの呼び声で2体目を蘇生した場合、
上記の通り2体目の攻撃が終了するまで相手は魔法・罠を発動できないためサイクロンで妨害されることがないからです。
機械族のお供、リミッター解除を妨害されること無く確実に通すことができるため即死級のダメージを与えることが出来ますが、
くれぐれもゴーズのことを忘れないように。準制限になったため油断は禁物です。


では今回はこのへんで。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

カード紹介:ギアギアングラー

デュエリストセットの内容をライロと見比べ絶望してからはや数週間。
VJ付録のギアギアングラーがそろそろ登場しますね。
どんな効果なのか、またどう活用できるのか、考えてみましょう。

ギアギアングラー
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 500/守 500
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ギアギアングラー」以外の
機械族・地属性・レベル4モンスター1体を手札に加える事ができる。
この効果を発動したターン、
自分は攻撃宣言できず、機械族モンスターしか特殊召喚できない。

はい、素晴らしいです。デメリットこそ大きいものの機械族・地属性・星4をサーチ出来るのはとんでもないことです。
対象となる主なカードはギアギア、ガジェット、マシンナーズ、カラクリ、ロイド等、どれも強力なカード群です。
また、テキストが「発動したターン」なので召喚前に他のモンスターを特殊召喚することが出来ます。
これはこのカードを活用するにあたって非常に重要な事です。

サーチ候補として挙げられるカードはいくつかありますが、基本的にはギアギアクセル一択になるでしょう。
ギアギアクセルをサーチした場合、自身の効果により即座に特殊召喚ができ、実質消費なしでギガントを作ることが出来ます。
また、ギガントの効果でサーチできるカードはギアギアングラーの対応範囲よりも広く、500という低攻撃力を晒すこともなくなるからです。

基本的に今までのギアギアは先行アーマーセットから動くことが多く、先行アーマーアクセルからギガントを
作った所でアド的にはキンギョガジェットに負けてしまっていたギアギアにとっては嬉しいカードです。

機械族サーチという素晴らしい効果を持つこのカードを最大限活かすにはどうすればいいのか考えた結果、
スターシップ・ギャラクシー・トマホークを使ったコンボに組み込むのが一番だと判断しました。
効果はこちら

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/風属性/機械族/攻 0/守3000
レベル7モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「バトル・イーグル・トークン」
(機械族・風・星6・攻2000/守0)を可能な限り特殊召喚する。
この効果を発動したターン、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。
また、この効果で特殊召喚したトークンはこのターンのエンドフェイズ時に破壊される。

アングラーと同じくVJ付録のこのカード。どう使えばいいのか全くわからなかった人も多かったでしょうが、
アングラー、そしてカラクリと組ませることによりすさまじい回転をするコンボが可能になります。

(効果はEF、特殊召喚はSSで統一します)
初期手札:緊急テレポート、ギアギアングラー
緊テレ発動サイコ・コマンダーSS、アングラーNS、EFアクセルサーチ、アクセルSS、サイコマとアングラーで無零SS、
無零EF参謀SS、参謀とアクセルで無零SS、無零EFカラクリ樽SS、無零X2でトマホークSS、トマホークEF
トークン3体SS。(この時点で場はトマホーク、樽、トークンX3となります。)
樽とトークンで無零怒SS、無零怒EF樽SS、樽とトークンで無零怒2体目SS、無零怒EF樽SS、樽とトークンで無零怒3体目SS、
無零怒EF参謀SS、参謀EFで自身の表示形式を変更、無零怒3体のEFでデッキから3枚ドロー。

手札2枚から
フィールド:無零怒、無零怒、無零怒、トマホーク、参謀
手札   :3枚
となり、6枚のアドバンテージを得ます。
後攻でこのコンボが成功した場合、効果ダメージは与えられるためさらに無零怒2体でジャイアントキラーをSSし、
IVばりの絶望を与えるファンサービスをぶちかますことも検討できます。

アングラーの効果を使わなかった場合、つまり手札が緊テレアクセルアクセル等だった場合、無零怒2体で
フェルグラントを作る事ができ、相手ターンでの防御力が高まります。また、簡易融合を引けていれば
参謀とメカ・ザウルスで閃光竜を作り、さらに防御力を高めることが出来ます。あえて無零怒3体を残したまま
ターンエンドし、表示形式変更カードを使用することで相手スタンバイフェイズ時に3枚ドローするなどの戦術も有効です。

今までトマホークから無零怒3連打をする場合はどうしても手札が3枚必要でしたが、アングラーの登場により
手札2枚から可能になりました。またアングラーの「攻撃宣言できない」というデメリットはトマホークの
「相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる」というデメリットと見事に噛み合います。また、
「機械族モンスターしか特殊召喚できない」というデメリットがあるにも関わらず、無零怒3連打までの工程で
特殊召喚されるモンスターは全てが機械族であり、奇跡的にデメリットを回避することができます。

先攻は手札6枚から始まるので無零怒3連打の段階で手札は7枚になっているはずです。ここまで場を整えられ、
バックも厚いとなれば相手がこれを突破することは容易では無いでしょう。

ギアギアングラーに関してはあまりいい評価を聞きませんが、サーチできるカードが強力なものが多いこと、
先攻アド+1でギガントを作れること、上記のコンボに使用できること等、このカードが秘めているポテンシャルは
かなりのものである思っており、デメリットを考慮しても私の中での評価は非常に高いです。

では今回はこのへんで

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ブログ作成

気が向いたので作りました。基本的に機械族に関する変態デッキの構築、使えそうで使われないカード群の解説などをだらだらと貼っていきます。
自分の考えを書いていくだけなので読みにくい点はご容赦ください
プロフィール

ADFX-02

Author:ADFX-02
機械族について語ります。
基本的に変態構築です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。